本文へ移動

各種行事、研修等

陶芸教室を開催しました

令和6年3月13日に、女性会員の加入促進と会員同士の交流を目的に、「陶芸教室」を少年自然の家で開催しました。
今回は男性会員の参加もあり、和気あいあいの中、みんなで楽しく土をこねました。少々不格好なのもご愛敬。自分がつくっだのが一番です。
この後、少年自然の家の職員に、素焼き、絵付けをしてもらいます。出来上がりが楽しみですね。
最後にみんなで記念撮影

剪定・整枝講習会を実施しました

  1月29日から31日までの3日間、鹿シ連の主催で「剪定・整枝講習会」を国際交流センターで開催しました。
 さつま町からの参加者2名を含めて9名の方が受講されました。(甑島からの参加もありました。)
 1日目は樹木の特徴などの座学、2・3日目は実際に庭園の木を剪定するなどの実技、また安全な作業のあり方についても重点的に講義していただきました。
 現在、剪定作業を行う会員が不足しています。受講された方のシルバーでの活躍を期待しています。

シニア向けスマホ教室を開催しました

 1月10日・12日・18日・22日の4日間 薩摩川内市高齢者クラブ連合会と協力して、「シニア向けスマホ教室」を開催しました。
 1教室あたり2時間程度のカリキュラムで、午前、午後の2回開催し、延52名の方に参加していただきました。
 前回より時間を延ばしたことで、より充実したものとなったようです。
 高齢者の方が、少しでもスマホの操作に慣れてもらえればとの思いで開催しましたが、4回とも参加していただいた方もいらっしゃいました。
 また、機会があれば開催しますので、会員の皆さん、ぜひ参加してください。

グラウンドゴルフ大会を開催しました

みんなで記念撮影
令和5年11月26日(日)4年ぶりにグラウンドゴルフ大会を開催しました。
会員18名と事務局職員が参加し、天気も良く、楽しくプレーすることができました。ホールインワンを3回した方が2名いるなど、ハッスルしたプレーが見られました。

産業祭&JAフェスタに参加しました

令和5年11月19日(日)に、4年ぶりに産業祭&JAフェスタに参加しました。
 前日の荒天候で開催が危ぶまれましたが、当日は時々日が差す天気で、大勢の来場客で、大盛況でした。
 シルバーでは、刃物とぎの実演と、センターの案内と会員募集にチラシを配布しました。

シルバー人材センター事業普及啓発促進活動を実施しました

ホームセンタータカミ川内店でチラシ配布

 毎年10月は「シルバー人材センター事業普及啓発促進月間」と定めて、全国でシルバー人材センター事業をPRする活動として、ボランティア活動やチラシ配布などの普及啓発促進活動か展開されています。
 薩摩川内市シルバー人材センターでは、10月15日(日)にホームセンタータカミ川内店の店頭において、センター事業のPRと会員募集のチラシを配布しました。
 シルバー人材センター事業を知っていただけたらと思います。
 チラシ配布には、久米理事長以下5名の理事・監事と事務局職員が参加しました。
 「いつも頼んでいるよ」など、暖かい声もかけていただきました。

国体関連・ボランティア作業を実施しました

 9月24日(日)の午前中、「燃ゆる感動かごしま国体」の開催に先立ち、全国から訪れる皆様を「きれいなまち薩摩川内」でお迎えするため、競技場周辺を清掃する「燃ゆる感動かごしま国体薩摩川内市クリーンアップ作戦」にボランティアとして会員125名が参加して、市内3ヶ所の競技会場周辺を道路のゴミ拾いを行いました。
 国体の成功を会員一同、願っております。

薩摩川内市長へ要望書を提出しました

 令和5年9月12日(火)に、久米理事長が田中薩摩川内市長を訪ね、「地域社会に貢献するシルバー人材センターの決意と支援の要望書」を市長に手渡しました。補助金の継続的な支援、インボイスに対する支援を田中市長に要望しました。併せて、会員数が減少していること、インボイス制度への対応など、厳しいセンターの運営の実情や今後の見通しなどを説明し、その後意見交換を行いました。
  シルバー人材センターは、「自主・自立、共働・共助」の理念のもと、地域社会の維持・発展と急増する高齢者の受け皿としての役割を果たしていることから、今後も持続可能な事業推進のために行ったものです。

仕事に使えるスマホ講習を開催しました

令和5年8月29日(火)連合会が主催して「仕事に使えるスマホ講習」が開催されました。
会員7名、会員外4名の11名が参加して、インターネットの使い方やカメラの使い方などの講習内容でした。
なかなかスマホを使い慣れていない方がほとんどで、スマホの画面をにらみながら悪戦苦闘していましたが、講師の説明されるように使えたときは、「アアー」と納得していました。
デジタル社会から取り残されないためにも、スマホなどのデジタル機器を使えるようになってほしいですね。

令和5年度定時総会を開催しました

令和5年度定時総会 理事長あいさつ

 令和5年度定時総会を国際交流センターで開催しました。
コロナ禍でここ3年は規模を縮小して開催してきましたが、新型コロナウイルス感染症が「5類」に変更されたことに伴い、4年ぶりに多くの会員に参加していただき開催することができました。
 来賓に名がt副市長、中島副議長、清藤公共職業安定所長にご臨席を賜り、ご祝辞をいただきました。
 また、シルバー人材センターの発展のため長年貢献された会員16名に対して表彰状を授与しました。曲が念のご苦労に対して感謝申し上げます。
 当日提案いたしました議案等につきましては、すべて承認いただきました。今後、令和5年度事業計画及び収支計画に基づき、いろいろな事業を展開してまいります。特にコロナ禍で開催できなかった交流会などを開催してまいります。
 会員の皆様のご協力をお願いいたします。

来賓祝辞

永田副市長からご祝辞をいただきました。
ありがとうございます。

会員表彰

長期会員表彰14名、役員表彰1名、班長表彰1名、計16名に対して表彰状を授与しました。
当日は5名の方が出席していただきました。

剪定・整枝講習会を開催しました

11月8日から3日間、鹿シ連の主催での「剪定・整枝講習会」が産業振興センターで開催されました。
8名が受講、講師は出水市の天辰百花園の方で、座学や実技などを丁寧に指導してもらいました。
現在、剪定作業を行う会員は不足しており、受講された方の活躍を期待しています。

草刈り(機械刈)講習会の開催

令和4年9月21日、22日に高齢者活用・現役世代雇用サポート事業による草刈り(機械刈)シルバー人材センター開催しました。参加者は市内から8名で、鹿児島造園建設業協会の講師を招き室内講習と実技指導がありました。
実技指導の風景です。
はじめて刈払い機を使う方もおり、講師の指導を受けながら、刈払い機を使い時の姿勢や、刈払いの仕方などを学びました。
受講された方の、今後の活躍を期待します。

陶芸教室を開催しました

令和4年9月15日に、女性会員の加入促進と会員同士の交流を目的に、「陶芸教室」を少年自然の家で開催しました。初めての試みでしたが、会員以外の方も5名参加してもらい、自然の家の職員の手助けももらいながら、思い思いに粘土をこねて、いろんな形の皿やコップを作成しました。
最後にみんなで記念撮影
色付をして、焼きあがった完成品です。
自分で作った物は愛着がわきそうですね。

公益社団法人

薩摩川内市シルバー人材センター
 
〒895-0007
 鹿児島県薩摩川内市百次町1090番地1


会員が自主的に運営にあたっています。

公益的・公共的な団体です。 


0
3
1
4
5
3
TOPへ戻る